便秘で出ないイライラの辛さ

便秘でお通じが出ないイライラ。辛いですよね。

何日も便通がなく、溜まってきているのはわかる。だけどなかなか出る気配がない。

そんななかなか出ない便秘は辛く、本当にやっかいなものです。

便秘になるとそれだけでイライラしてしまい、毎日の生活にも影響しかねません。では、便秘になってしまった時のイライラを減らすためにはどうしたらいいのでしょうか。

今回はそういった便秘で出ないイライラを解消する具体的な方法9つを述べていきます。

便秘で出ないイライラを解消する方法

水分をとる

水分をとることは便秘の解消にも役立ちますし、イライラ軽減にもなります。

水分をとることは自分で意識しなければなかなかできないものです。夏は喉が乾くので飲む機会が多いかもしれませんが、冬は寒く、あまり汗もかかないため、水分を摂ることが少なくなってしまいがちです。毎日の習慣として、朝起きて最初に1杯の白湯を飲み、胃腸が動き始める準備をしましょう。

起きてすぐ何かを食べたりすると、胃腸が消化の準備ができていないまま物が入ってくることになり、消化をするのに時間がかかってしまうため、より便が溜まりやすくなります。便秘でイライラしているからといって、むやみに食べたりすることは逆効果になりますので注意しましょう。

又、便秘にはハーブティがいいとよく言われていますが、基本的には自分の好きなものを飲んだ方がイライラは減ります。「便通を良くするためにこれを飲まなきゃ」と意識し過ぎてしまうと、そのことがストレスになる可能性もあります。なるべくあたたかいもの、スープなどもよいでしょう。あたたかいものを飲むと気持ちが落ち着き、リラックスできます。

体を冷やさない

便秘の出ないイライラに冷えは大敵です。

冬はもちろん、夏でも体は冷えやすいので、体は常に冷やさないようにしましょう。寒いと体が縮こまって力が入ってしまうことにより、全身が硬くなってしまったり胃腸の働きも悪くなり、イライラの原因となります。首・手首・二の腕・お腹・腰・お尻・太もも・足首などを冷やさないようにすることで、全身があたたまり、気持ちの面でも安定し、胃腸も正常な働きをしてくれます。冬はマフラーや厚手の靴下などで冷え防止を行い、夏でも寝る時には薄手の腹巻をするなど、いつも体が冷えないように心がけましょう。

きちんと食事をとる

便秘で出ない時こそ食事をとりましょう。

便秘が続きお腹が苦しくてイライラしていると、あまりお腹が空かず食べる量が減ったり一食減らしてしまう時もあるかもしれません。しかし、きちんとした食生活にすることで便秘自体の体質改善になりますし、食べたい物を食べることはイライラは解消にも効果的です。なので便秘の時こそ消化の良いものなどをはじめとして、きちんと食事をとることが大事なのです。

ですが、消化に悪いものはNGです。なるべく便秘を悪化させないためにも消化に良いものをとるようにしましょう。どうしても食べることが辛いという場合には、このようなものを試してみてはいかがでしょうか。ビフィリゴ10000
ビフィズス菌の減少も便秘の原因の一つとされていることから、腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を良好にすることで、便通を改善するサポートをしてくれるものです。お腹が苦しくてあまり食べられない場合でも、腸内環境を良くしてくれると思えばこのようなものを飲むことくらいはできるかもしれません。しかし、サプリメントはあくまでもサポートをしてくれるものであり、便秘を絶対治してくれるというわけではありません。日頃の食事と一緒に摂ることで、よりよい効果が得られるでしょう。

体を動かす

便秘には体を動かすことも効果的です。

便秘でイライラしてしまい動くのも億劫になってしまうかもしれませんが、家の周りを散歩するなど、外の空気を吸って少しでも体を動かすことにより、リフレッシュできます。天気が悪かったり外に出るのが面倒という人は、家の中でストレッチをしたり、深呼吸をするだけでも気持ちが落ち着くかもしれません。

好きな香りでリラックス

運動するのも苦手、こまめに水分を摂ることも少し面倒くさいという方は、自分の好きな香りを見つけて部屋で過ごしている時や寝る時などに好きな香りでくつろぐこともいいと思います。リラックスできる香りの代表的なものは、ラベンダーやスイートオレンジ・カモミールなどがあります。どの香りもアロマを初めて使う方でも始めやすい馴染みのある香りですので、自分の好きな香りを見つけてみてください。

アロマを使ってみたいけど、どうやって使えばいいのかわからないという方はこちらを参考にしてください。センサーアロマ

このアロマディフューザーは単三電池3本で使用でき、使い方はアロマオイルを数的垂らしたパッドを設置し、使用したい時間の方向にスイッチを動かすだけです。シンプルで落ち着いたデザインのセンサー機能付ファン式芳香器で、必要な時だけ香りを楽しむことができます。

アロマオイルについては、実際にお店に行って色々な香りを嗅いで好きな香りを探してみてもいいですし、試しに何種類かがセットになっているものを買って、その時の自分の気分で変えてみるのもいいかもしれません。アロマオイル 5本 セット 【送料無料】

睡眠をたくさんとる

起きている時にはどうしても体の不調を感じてしまうものです。便秘のイライラを減らすためにも、正しい生活習慣にするためにも、睡眠をたくさんとることは大切です。寝る時間を決めて規則正しい生活を送れば、生活リズムが整うのでそうすることで便通がよくなるでしょう。

姿勢をよくする

便秘続くとお腹が苦しくなったり痛くなったりすることによるイライラで、無意識のうちにお腹に力が入ってしまっていたり、前かがみになってしまったりすることが多くなるかもしれません。ふとした時に、「あ、今リラックスできてないな。前かがみになっていたな。」と思ったら、その都度姿勢を正してみましょう。常に意識することは難しいと思いますので、気づいた時にやるようにしましょう。常に姿勢を気にかけていると、そのことがイライラに繋がってしまう可能性もありますので、あまり意識しすぎず、気づいた時にやればいいのです。

好きなことをする

便秘で出ないでいることとイライラしてしまうのは仕方のないことですが、少しでもイライラを軽減・解消するために自分の好きなことをしてみましょう。自分の好きなことや趣味に打ち込んでいる時はそのことだけに集中できるので、その間イライラしなくなります。なんでも良いので自分が熱中できるものに集中するのもイライラをなくす方法の一つです。

環境を変える

便秘の原因、イライラの原因がその時の環境に関係がある場合には、環境を変えてみましょう。環境を変えると言っても限度があると思いますので、部屋の模様替えをしてみる、外で過ごす時間を長くしてみるなど、その日に簡単にできるようなものから始めてみるのもいいかもしれません。引っ越しをする、転職するなど、大きく環境を変えたいという場合もあると思いますが、少しずつ出来ることから変えてみましょう。

出ない便秘のイライラ解消のためにもっとも重要なこと

考えすぎない・気にしすぎない

便秘のイライラ緩和には考えすぎない・気にしすぎないことも大事です。

体を温めるようにしているし、食物繊維や水分をとってるのになぜ出ないのか、と考えれば考えるほど無意識のうちに体に力が入り、ストレスにもなります。そうすると余計に便が出にくくなり、出ないことにより便の水分が減り、硬くなって出にくくなります。その悪循環が続くことによりイライラも続いてしまいますので、なるべく便秘について考えすぎず、自分の好きなことをしたりリラックス出来る方法を見つけていきましょう。

早く良くなれと考えすぎない

便秘の出ない辛さは早く解消したい気持ちはあるでしょうが、残念ながら、便秘はすぐによくなるものではありません。だからこそ慌てず、ゆっくり自分自身をいたわってあげてください。それが便秘解消には一番の近道です。

 

◎硬い便の痛み辛さにお悩みの方にはこちらの記事をおすすめです。

硬い便にはオリーブオイルが効く理由とは